CASE

大型商業施設や鉄道インフラへの
不正侵入の監視で導入。

企業の課題

「高度な機械警備システムへのニーズが高まっており、警備業が担う領域が広がってきている。
ビジネスを拡大していくには他社との差別化がキーとなる中、犯罪や事故を未然に防ぐための不正侵入の監視をシステムで行うことは当社の強みになりました。」

C社

少子高齢化により、今後の人手不足が懸念される中、省人化対策に向けての機械警備システムの高度化は、C社にとって重要な課題でした。
現在、多くの監視カメラが設置・運用されていますが、警備に必要な動きだけを抽出して検出することは、非常にハードルの高い課題でした。実際これまで使用していたシステムでは検知精度を上げられず、システム更新にあたってアダコテックを含め多数の企業に声掛け、採用提案の機会が提供されました。

効果

アダコテックの他数社を加えた検証では、外乱の影響も大きく、各社検知精度を上げられませんでした。しかし、検出精度の良さに加え、システム内ロジックの把握のしやすさ、シーンに応じた細やかな設定が可能、といった点が評価されアダコテックが選定されました。

現在、約150台のカメラに接続導入。
誤検出を抑えながら“100%の検知精度”を実現しています。
「アダコテックの導入により、サービスレベルの向上および
顧客満足度を上げることができています。
今後のビジネス拡大にも期待しています。」

C社

検知精度 100%
JP / EN
pagetop