株式会社三井E&Sマシナリーと3次元レーダ解析画像による
トンネル異常自動判定技術を実用化しました

2018年7月17日

株式会社三井E&Sホールディングス(旧三井造船)のグループ会社・株式会社三井E&Sマシナリーが提供するトンネル覆工検査(電磁波レーダ法によるトンネル検査で得られる3次元レーダ解析画像から、覆工コンクリート内部の異常有無を判定する)サービスに、当社の機械学習技術を組み合わせることで、検査判定の自動化を実用化しました。

詳細は株式会社三井E&Sマシナリー様のリリースをご覧ください。

https://www.mes.co.jp/press/2018/0717_001079.html

株式会社アダコテックは、今後も国立研究開発法人 産業技術総合研究所の特許技術を用いた学習型パターン認識ソフトウェアの提供を通じて、株式会社三井E&Sマシナリーほか三井E&Sグループ各社とともに、社会・産業インフラにかかわる諸課題の解決に努めてまいります。