株式会社三井E&Sエンジニアリングと画像認識技術を活用した溶融スラグ監視システムを実用化しました

2019年2月5日

株式会社三井E&Sエンジニアリング(旧三井造船株式会社 環境・プラント事業本部)が納入した都市ごみ焼却工場の操業に、当社の機械学習技術を組み合わせることで、焼却工場の溶融スラグ流れ監視システムとして実用化しました。

詳細は株式会社三井E&Sエンジニアリング様のリリースをご覧ください。
https://www.mes.co.jp/press/2019/0204_001165.html

株式会社アダコテックは、今後も国立研究開発法人 産業技術総合研究所の特許技術を用いた学習型パターン認識ソフトウェアの提供を通じて、株式会社三井E&Sエンジニアリングほか三井E&Sグループ各社とともに、社会・産業インフラにかかわる諸課題の解決に努めてまいります。