SERVICE

01

製品の検査・検品を自動化

工場内には熟練作業者が目視で製品の検査・検品を実施しているラインが多くあります。
アダコテック AIは、画像や音、センサーの”正常時のデータのみ”を使って学習し、
製造業の検査・検品で絶対とされる”見逃しゼロ”からのスタートを可能にします。
また、検査対象の状態が数値化されることで、品質データのトレーサビリティや、
欠陥理由の類推が可能となり、生産設備の改善につなげることができます。

課題

  • 少子高齢化による人手不足や安定した採用が困難。
  • 経験により検査精度にバラつきが生じる。技能伝承が難しい。
  • 体調や疲れによる人為的ミスがある。

導入効果

人手不足への対策および採用や
人材育成のコスト削減
導入後すぐに精度の高い検査・
検品が可能
製品不良率の軽減による
品質の向上を実現

導入実績

自動車部品Tier1メーカーの
パワートレイン生産ラインで導入。

「日々の生産数が多い中、品質を維持しながら、生産量を落とさないように常に意識して管理をしています。」自動車のパワートレイン部品において世界トップクラスの製造・販売実績をもつA社は、人が実施している検査をシステム化することが解決すべき課題でした。

02

生産設備の異常検知

生産ラインの停止や機械設備の故障は1度発生してしまうと生産計画に大きなダメージを与えてしまいます。
アダコテックは、動画や各種センサーなど設備の稼働データから正常時の特徴量をAIが学習し、異常をリアルタイムで検知します。
また、異常時の特徴を数値化することで、再発防止への対策や、さらなる改善を実現します。

課題

  • 設備オペレーターは多能工で、常時モニタリングはできない。
  • 突発的に起こる異常を瞬時に止めることは困難。
  • 異常の原因が特定できない。改善方法が見つからない。

導入効果

常時モニタリングが
可能になり、
設備監視業務を削減
ミリ秒単位の学習と検知で、
突発的な異常も
瞬時に停止が可能
異常原因や改善対策により、
設備破損の回避や
オペレーターの安全を確保

導入実績

自動車部品Tier1メーカーの
プレス設備における異常検知で導入。

「月産数百万個の生産において設備が停止することはビジネスに大きな影響があるんです。」自動車のメイン部品を生産するB社は、月産数百万個の部品を日本のみならず世界の自動車メーカーに提供しています。

03

社会インフラの検査・異常検知

道路や橋、トンネルなどインフラの劣化の発見と適切な補修、鉄道インフラの安心、
安全への監視モニタリングは今後注目すべき社会課題です。
アダコテックでは、人の目では確認することが難しいデータや、
人でしか判断が困難な不正侵入の検知などを、AIを使って見える化および自動化を実現しています。

課題

  • データ量が多く、人では正常異常の解析にとても時間がかかる。
  • 少子高齢化による人手不足や安定した採用が困難。
  • 安心、安全へのニーズが高まり、監視モニタリングへの管理や運用コストが増加。

導入効果

異常を見落としなく検知し、
サービスレベル向上を実現
大幅な業務削減と
業務効率アップにより、
売上が向上
分かりやすいインターフェースで
データ管理や分析ができるので、
管理運用効率がアップ

導入実績

株式会社三井E&Sマシナリーが提供する
新幹線トンネル覆工検査サービスに
当社技術を採用。

AIを活用したレーダ探査技術を実用化。画像診断日数を1/4に削減。昨今、社会インフラの老朽化が表面化し、全国的にインフラ設備の長寿命化計画が進められています。

大型商業施設や鉄道インフラへの
不正侵入の監視で導入。

「高度な機械警備システムへのニーズが高まっており、警備業が担う領域が広がってきている。ビジネスを拡大していくには他社との差別化がキーとなる中、犯罪や事故を未然に防ぐための不正侵入の監視をシステムで行うことは当社の強みになりました。」

JP / EN
pagetop